最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 最新情報 > 2015年度 > IoTによる建設機械のCO2排出量モニタリングシステム実証試験に着手

最新情報NEWS 最新情報

IoTによる建設機械のCO2排出量モニタリングシステム実証試験に着手

お知らせ2015.07.23

東急建設(株)(本社:東京都渋谷区、社長:飯塚恒生)は、建設現場のスマート化に向けた第一歩として、IoT(モノのインターネット)による「建設機械のCO2排出量モニタリングシステム」の実証試験に着手しました。

IoTの導入により建設機械の稼働状況を正確に計測できるため、重機などの実効燃費の改善によるCO2排出量削減や、環境負荷低減を評価するツールとして活用できます。また、CO2排出量のデータ入力にかかる手間の省力化や入力忘れの防止になります。

本システムは、建設機械に小型で比較的安価な「マシン・コミュニケーション機器」を取り付け、Salesforce1 Platform(株式会社セールスフォース・ドットコムが展開しているプラットフォーム)上でデータを集積し、分析・処理することで建設機械の稼働状況やCO2排出量をタブレット、パソコン、スマートフォンで可視化することができます。そのほか、重機の稼働状況とシステムの機能の一つであるGPSの位置データを組み合わせることで、近隣へのリスクコミュニケーションツールとしても活用可能。円滑な工程管理を目指すとともに、環境に配慮した建設活動を推進する技術として当社のCSRの取り組みにもつなげていきます。さらに、本システムで集積した多種多様な建設現場のビッグデータを分析・処理することで、建設現場に埋もれたニーズの発掘や新たなサービスの開発につなげ、新規市場の開拓などへの展開を目指します。

東急建設は、今後も様々なIoTのセンシング技術を活用することで、これらの技術を用いたトータルな現場システムとしてのサービス化に取り組むとともに、環境保全をはじめ、安全や品質向上をリードする情報技術の開発を推進していきます。


本件に関するお問い合わせ先

本件についてのお問い合わせは、下記までお願いいたします。

管理本部 経営企画部 広報グループ 真安
本サイトのお問い合わせフォーム または、TEL 03-5466-5016 FAX 03-5466-5069

ピックアップコンテンツ