obi  

title


「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)の相互提供を
2011年3月より開始します。

Suica付かPASMO付の学生証(社員証)を自由に選択して利用できます

2010.11.24

 東急建設株式会社(東京都渋谷区 社長:飯塚 恒生)では、東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)と 東京急行電鉄株式会社(以下、東急電鉄)が2011年3月より、相互提供サービスを開始する「Suica付学生証(社員証)」と 「PASMO付学生証(社員証)」の提携システム会社として、今年3月から提供を開始している「PASMO付学生証(社員証)」に加え、 新しく「Suica付学生証(社員証)」の提供を開始します。
  これまで、「PASMO付学生証(社員証)」として4大学、2企業への提供を行ってまいりましたが、 「PASMO付学生証(社員証)」として新たに3法人への提供が決定しており、「Suica付学生証(社員証)」と 「PASMO付学生証(社員証)」の相互提供として新たに6法人への提供を予定しております。

  「Suica付・PASMO付学生証(社員証)」
  2011年春導入予定の学校・企業
   [ 学生証 ]   東京造形大学、和泉短期大学、お茶の水メディカル、
             戸板中学校・女子高等学校
   [ 教職員証 ]  学校法人桑沢学園(東京造形大学、桑沢デザイン研究所)、
             お茶の水メディカル
   [ 社員証 ]   フェニックス証券株式会社、株式会社クリネット
 
  「PASMO付学生証(社員証)
   [ 社員証 ]   株式会社ヴォイスワーク(2010年12月導入予定)
            株式会社ビー・アンド・イー・ディレクションズ
   [ セキュリティカード ] 東急セキュリティ株式会社
   
 ひとつの学校(企業)内で「Suica付学生証(社員証)」と「PASMO付学生証(社員証)」を 学生(社員)が自由に選択できるこのカードは、東急電鉄が一括してカードの発行管理および在庫管理を行っているため、 学校(企業)がカードの在庫を抱える必要がなくなり、発注ロットに依存しないリーズナブルな価格で、 少量提供が可能となっているのが特徴です。また、「Suica付学生証(社員証)」もしくは 「PASMO付学生証(社員証)」を提示することで共通に受けられる各種特典など、利用者の利便性をさらに向上させる サービスが検討されています。

 当社では、これまでICカードを利用した学内・企業内IC認証ソリューションを数多く提供しており、「Suica付学生証(社員証)」 「PASMO付学生証(社員証)」を利用した電子マネー決済、入退室管理、PCログイン管理、施設予約管理、出席管理、証明書発行、 図書館管理、ロッカー管理など学校様・企業様の様々なニーズに対応することができます。
  今後も「Suica付学生証(社員証)」、「PASMO付学生証(社員証)」と併せて、学校や企業のニーズに対応したシステム ソリューションを提供することにより、 建物の付加価値向上に寄与し、弊社のブランドメッセージである「Town Value-up Management」 を推進していきます。

   ※ Suicaは東日本旅客鉄道株式会社の登録商標です。
   ※ JR東日本Suica利用承諾第58号(東急建設株式会社許諾)
  ※ PASMOは株式会社パスモの登録商標です。
   ※ 潟pスモ商標利用許諾済 第19号(東急建設株式会社 許諾)
   ※ 潟pスモ商標利用許諾済 第64号(東京急行電鉄株式会社 許諾)
   ※ PASMOマーク及びは 潟pスモが本商品・サービスの内容・品質を保障するものでは
      ありません。
   ※ ICカードはソニー株式会社のFeliCaを採用しています。


 

 

 

 

 

Suica付・PASMO付学生証(社員証)イメージ

 

【本件に関する問い合わせ先】

  東急建設株式会社 管理本部 経営企画部 広報担当 岡野
   TEL  03-5466-5008  FAX 03-5466-5069 E-mail:webmaster@tokyu-cnst.co.jp

obi