東急建設グループ技術展 2020

東急建設グループ技術展 2020

本サイトは、2020 年11 月12 日( 木) に開催しました東急建設グループ技術展2020のコンテンツの一部を一般公開したものです。東急建設グループ技術展2020 は開催を終了しております。

開催概要

東急建設は、サステナブルな未来の創造を⽬指して、お客様の課題を共に解決していくための技術開発を⽇々進めてまいりました。その開発技術をご紹介するために開催した2020 年度の技術展は、リモートによるインタラクティブな技術プレゼンテーションと、営業担当者による個別のご案内とを組み合わせた新しいスタイルの技術展開催となりました。
本サイトを、これからの長いお付き合いのきっかけとして頂ければ幸いです。

社長あいさつおよび技術紹介

技術展当日の導入紹介に用いた弊社社長の挨拶および技術紹介の動画です。

構造物のライフサイクルを通じた長いお付き合いを目指して

それぞれの紹介技術をクリックすると、関連動画に遷移します。

計画・実施
発注者様からの「事業立案、資産管理」から始まり、施工者が「施工」するまでのステージ
監視
建物や構造物の引き渡し後に「運営・維持管理」や「補修・修繕」を行うまでのステージ

紹介技術と各技術が目指すサステナブルな未来・SDGs

自然の恵みを活用し、社会に安心や安全、そして憩いを提供する未来を目指す技術

省エネ技術や再生可能エネルギーの導入で、豊かな地球環境が持続する未来を拓く技術

『建物構造の健康状態』を把握し、適切に維持管理することで、健全なストック型社会へ向けて建物の未来を見守る技術

建物をデジタル空間上で3次元モデル化し、無駄な計画や工程を排除した安全で効率的な街づくりによって、イノベーションが持続する未来を支える技術

建設現場全体をICT(アイシーティー)化して、建設業界の働き方改革や、品質や安全性の向上を目指し、生産性の高い豊かな未来を実現する技術

柱部材の耐震補強を短期で効率的に施工することで、レジリエントなインフラに囲まれた未来を築く技術

駅のホームからの転落事故を防ぐためのインフラ整備を低炭素化された手法で実現し、安心・安全で快適な未来を造る技術

質の高い継続的な管理で、レジリエントでサステナブルな未来をお約束する技術

footer

TOP