最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 技術・サービス > 施設用途から探す > 高齢者施設

技術・サービス技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

高齢者施設 Care Facility

本技術は、掘削後の汚染土を特殊鉄粉により浄化処理することで汚染土を無害化・減量化する技術です。

重金属汚染土鉄粉吸着工法

地震時の観測はもちろん、日常における微動観測を併せて『建物構造の健全性』を把握し,見える化を実現したシステムです。

構造見守りサービス 4D-Doctor

東急建設が開発したICカードセキュリティシステムです。

IC GUARDING ―ICカード セキュリティーシステム―

建物にまつわる膨大な情報をデータベースで共有・一元管理。施設の管理・運用をサポートする施設管理ソフトです。

施設の運用維持管理に 施設管理ソフト FMoTシリーズ

ネットワークカメラを用いた遠隔監視システムです。

ネットワークカメラによる現場監視システム

開発に伴う調整池、環境対策や災害対策としての雨水り利用槽、地下水涵養のための一時貯留浸透施設など、雨水貯留槽を地下に構築する工法です。

雨水流出抑制・雨水利用 アクアプラ工法

建設事業に係わる様々なケースに応じた適切な地歴調査、汚染調査、対策工事をご提案・実施します。

土壌・地下水汚染関連技術(調査・対策)

施設運用費の圧縮を目的に、使用エネルギーの調査・分析・評価から改善提案・省エネにリニューアルの実施、そしてリニューアル後の検証にいたるまで、トータルで省エネルギー診断を実施し、環境負荷低減に貢献する効果的な省エネルギーを実現します。

省エネルギー診断

無足場で外壁タイルの浮き、ひび割れの調査を行うロボットです。

外壁タイル調査ロボット

電磁波反射法により、地中の空洞や埋設物の平面的な位置や深さを非破壊で探査する技術で、リニューアル計画や保全に貢献します。

電磁波探査技術(地中・トンネル・コンクリート)

建物を断熱材ですっぽりと包み込む外断熱工法は、耐用年数が長く、快適な室内環境の建物を実現します。

外断熱工法

施設建設時のイニシャルコストだけでなく、建設後のライフサイクル全般に係わる全てのコスト(LCC)を企画設計初期段階でスピーディーに算出。企画プランごとの比較評価を行い、適切な企画設計を実現します。

ライフサイクル評価技術

クラピア吹付緑化工法は、日本原産イワダレソウの改良品種で雑草抑制効果をもつ多年草の「クラピア」を活用した防草緑化技術です。

緑地の維持管理を低減 クラピア吹付緑化工法

「レメディエーションモール(REMEDIATION-MOLE 修復もぐら)工法」は、自在削孔技術を応用し、稼働中の工場など建物内での対策工事が困難な場所で、建物の外側から建物直下の土壌・地下水汚染対策を可能とする新しい工法です。

稼動中の工場等建物直下の土壌・地下水汚染対策 レメディエーションモール工法

建設現場から発生する騒音や振動などを測定し、現場事務所内で測定値をリアルタイムで管理するシステムです。建設機械のオペレーターにも計測値を通知し、自主管理値を超えると警告します。

見えない建設環境を視えるカタチに 環境ビジュアライザ

CONPAS-Sは学校、親、子供をつなぐ東急建設開発の学校向け ICTソリューションです。

登下校通知メール配信サービス CONPAS-S(コンパス エス)

鉄道工事での軌道内杭打設工事及び空頭制限下や狭隘部での杭打設を施工条件に開発した杭打機であり、機械高が4.0m~6.5mまでスピーディーに伸縮し、3mまでのオーガースクリューが1ストロークずつ削孔でき、安全に効率良く施工できる特殊杭打機です。

伸縮リーダー式特殊杭打機 TBX‐1000

BSET(ビーセット)とは、設計プランにおける生物多様性保全の程度を「得点」によって簡単に評価できる東急建設の独自システムです。評価は環境アセスメントなどに用いられるHEP(Habitat Evaluation Procedure:生息環境評価手続き)の概念を応用し、当社独自の基準で判定します。

生物多様性簡易評価システム BSET(ビーセット)

土地や建物・構造物、設備、什器・備品などの保有施設について、ライフサイクルコスト(LCC)などの中長期的観点から運用管理計画を策定し、最適な活用を行うためのマネジメント業務です。

ファシリティマネジメント

建物の劣化状況を調査する「耐震診断」「建物劣化診断」「設備劣化診断」「省エネルギー診断」があります。超音波、X線、赤外線等を利用した科学的な調査により建物の健全性を客観的に評価します。また、「耐震診断」では耐震性能を把握し、最適な耐震補強案を提案します。

建物各種診断技術

ピックアップコンテンツ