お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > 技術・サービス > 研究内容と施設のご紹介 > 恒温恒湿室

技術・サービス技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

恒温恒湿室

概要

硬化コンクリートの各種試験や土質関係の試験において,試験時の雰囲気温度や相対湿度が定められているものがあります。このような試験を行うため,室温と相対湿度をコントロールできる試験室です。20℃60%RH一定の恒温恒湿室と,温度可変の恒温恒湿室があります。

性能

第1恒温恒湿室
温度20±2℃一定 相対湿度60±10%一定 床面積110m²
第2恒温恒湿室
温度20±2℃一定 相対湿度60±10%一定 床面積74m²
第3恒温恒湿室
温度10〜70±2℃可変 相対湿度40〜80±10% 可変床面積14m²
第4恒温恒湿室
温度-10〜20±2℃可変 相対湿度制御不可 床面積14m²
第5恒温恒湿室
温度20±2℃一定 相対湿度60±10%一定 床面積35m²

用途

  • コンクリートの乾燥収縮試験、圧縮クリープ試験
  • コンクリートの乾燥収縮ひび割れ試験、温度応力ひび割れ試験
  • コンクリートの気中養生

実績

  • 超高強度コンクリートの圧縮クリープ、乾燥収縮試験,乾燥収縮ひび割れ試験
  • 再生粗骨材コンクリートの圧縮クリープ、乾燥収縮試験,乾燥収縮ひび割れ試験など多数

ピックアップコンテンツ