お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > 技術・サービス > 研究内容と施設のご紹介 > 多目的疲労試験装置

技術・サービス技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

多目的疲労試験装置

概要

トンネルやダム基礎岩盤などの設計に必要な岩石の強度変形特性、またコンクリートの疲労特性などを調べる多目的試験装置です.動的・静的三軸圧縮試験、曲げ試験、疲労試験、点載荷試験、破壊靭性試験など、岩石からコンクリート材料まで、さまざまな建設材料の力学特性を把握します。

性能

載荷方法
曲げ載荷、引張り載荷、点載荷
載荷能力
  • 動的:±200kN
  • 静的:±300kN
最大変位
±25mm
載荷速度
3.0m/s
振幅特性
  • 1Hz⇔5mm以内
  • 25Hz⇔0.1mm以内

用途

  • 岩盤の動的・静的圧縮、点載荷、破壊靭性試験
  • コンクリート、コンクリート保護・補修材料等の疲労試験

利用条件

試験機の操作は当社が担当します。

計測も原則として当社が担当します。

実績

  • 大深度地下構築工法開発に伴う軟岩物性試験
  • 岩塊ポイントロード試験
  • コンクリート表面保護材の疲労耐久性試験

使用料・計測等

使用料・計測等につきましてはお問い合わせ願います。

ピックアップコンテンツ