お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > 技術・サービス > 研究内容と施設のご紹介 > 大型構造物加力施設

技術・サービス技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

大型構造物加力施設

概要

土木・建築構造物の耐震性能および構造実験に利用できます。柱・梁・壁・接合部などの構造部位から、実大構造物(最大5階建て程度)まで、各種構造形式や工構法の耐震性能評価に必要な力学特性(荷重-変位関係など)を調べることができます。加力方法は静的加力と仮動的加力が可能で、水平2方向・鉛直方向の最大3次元の加力ができます。

装置および性能

反力壁1
  • 幅13m× 高さ18m× 厚さ4.5m
  • (最大許容曲げモーメント 200,000 kN・m)
  • (最大せん断力 40,000 kN )
反力壁2
幅10m× 高さ 8m× 厚さ 2m
反力床1
縦15m× 横20m× 厚さ5.5m
反力床2
縦13m× 横10m× 厚さ5.5m
アクチュエータ
静的加力:3,000 kN4基、1,500 kN4基
(有効ストローク300mm、最大速度0.5cm/s)( 有効ストローク500mm、最大速度0.5cm/s)
油圧ジャッキ
  • 5,000 kN2基、3,000 kN2基
  • 2,000 kN4基、1,500 kN2基
  • 1,000 kN2基、500 kN4基
  • 装置および性能の詳細については、お問い合わせ願います。 上記の個々の装置を実験種別によりシステム化した汎用実験装置があります。以下に代表的な例を紹介します。
建研式加力装置
主に柱の耐震性能を調べるための装置で、試験体に逆対象となるモーメントが作用するように加力を行います。加力は3,000kNアクチュエータ2基により軸力を、1,500kNアクチュエータ1基により水平力を与えます。

用途

  • 柱・梁・壁・接合部などの構造部位の加力実験
  • 実大・縮小モデルによる構造物の加力実験
  • 免震装置・制震装置の性能確認実験ほか

利用条件

施設に付属する機器の操作は当社が行います。

計測も原則として当社が担当します。

使用料・計測等

使用料・計測等につきましてはお問い合わせ願います。

ピックアップコンテンツ