お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > 技術・サービス > 研究内容と施設のご紹介 > 複合音響実験施設

技術・サービス技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

複合音響実験施設

概要

複合音響実験施設は、建築音響設計の他、様々な目的の音響計測に利用できます。施設としては3つの残響室と大型無響室があります。残響室では,仕上げ材料・椅子などの吸音率試験,設備機器などのパワーレベル,間仕切り壁などの音響透過損失試験,床仕上げ材の軽量床衝撃音レベル測定が行えます。また,大型無響室では,楽音などの無響室録音,楽器・スピーカなどの指向特性の測定,さらに道路・鉄道騒音などの縮尺模型実験が可能です。

性能

残響室の仕様

床面積
  • 第1残響室:51.5 m²
  • 第2・3残響室:34.4 m²
室容積
  • 第1残響室:319.9 m³
  • 第2・3残響室:183.3 m³
残響時間(500Hz)
  • 第1残響室:約15秒
  • 第2・3残響室:約13秒

大型無響室の仕様

室内寸法
L:11.6m W:11.6m H:6.5m
空調設備
常時温湿度管理
室内騒音
NC-15以下(可聴限界以下)

主な用途

  • 第1残響室のみ使用:吸音率試験、音響パワーレベル測定
  • 第1残響と第2残響室を使用:音響透過損失試験
  • 第3残響と第2残響室を使用:軽量床衝撃音レベル測定
  • 大型無響室:無響室録音、指向特性の測定、騒音模型実験

過去の主な実績

  • ホテル用乾式間仕切壁の音響透過損失試験
  • 劇場・コンサートホール用椅子の吸音率試験
  • マンション用遮音二重床の軽量床衝撃音レベル測定
  • ピアノ・太鼓・バイオリン等の無響室録音
  • 縮尺鉄道高架橋模型による騒音実験(防音壁の検討)

利用条件

施設に付属する機器の操作は当社が行います。

計測も原則として当社が担当します。

使用料・計測等

使用料・計測等につきましてはお問い合わせ願います。

ピックアップコンテンツ