最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 技術・サービス > 既設盛土一体化橋梁(NRS一体化橋梁)

技術・サービス 技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

既設盛土一体化橋梁(NRS一体化橋梁)

概要

近年、鋼桁橋梁の老朽化に伴い、鋼桁の取替措置を必要とする橋梁の増加が懸念されています。従来の取替方式では、既設桁の撤去、新設桁の製作・架設、軌道工事など工期・工費が膨大となる課題がありました。
既設盛土一体化橋梁は、既設の鋼桁を撤去することなく、老朽化した鋼桁橋梁を背面盛土と橋台及び鋼桁を一体化することによって延命化するとともに、耐震性を飛躍的に向上させます。
具体的には、橋台隅角部に支承部・桁端部を巻き込むようにコンクリートを打設し、橋台と鋼桁を一体化したラーメン構造に変更することで、列車荷重などによる径間部の応力が低減し、橋梁の延命化が図れ、また、支承部がなくなることにより維持管理コストの低減も図れます。
さらに、既設橋台の側面もしくは前面からラディッシュアンカー等の地山補強材を背面盛土内に打設し、背面盛土と橋台及び鋼桁を一体化することで、三陸北リアス線の復旧工事で採用された補強盛土一体橋梁(当社施工)と同様、背面盛土を含めた橋梁全体の耐震性の向上が図れます。
今後、老朽化した鋼桁橋梁の延命化・耐震化技術の一つとして広く普及することが期待されています。

本技術は、(公財)鉄道総合技術研究所により開発され、弊社は実物大試験橋梁の構築、部材実験等で協力しました。

施工前

拡大

 


既設盛土一体化橋梁のイメージ

適用対象

  • 鉄道橋
  • 道路橋

実績

  • 橋梁延命化の実物大試験橋梁構築工事
※本工事は、(公財)鉄道総合技術研究所の国土交通省の補助金を受けた研究開発として実施されました。(東急建設施工)

試験体図面(橋梁延命化の実物大構築工事)

施工完了状況(橋梁延命化の実物大構築工事)

施工完了状況(橋梁延命化の実物大構築工事)

頬杖部、隅角部コンクリート打設前(橋梁延命化の実物大構築工事)

頬杖部、隅角部コンクリート打設前(橋梁延命化の実物大構築工事)

頬杖部、隅角部コンクリート打設後(橋梁延命化の実物大構築工事)

頬杖部、隅角部コンクリート打設後(橋梁延命化の実物大構築工事)

ラディッシュアンカー施工状況 (橋梁延命化の実物大構築工事)

ラディッシュアンカー施工状況 (橋梁延命化の実物大構築工事)

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

  • 老朽化した橋桁を延命化したい
  • 支承部の維持管理費がかかりすぎる
  • 橋梁背面盛土の沈下が問題となっている

施設用途:
分野:
テーマ:

この技術に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5466-5008

メールフォームでのお問い合わせ

ピックアップコンテンツ