最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 技術・サービス > 災害損傷構造物の迅速復旧 TST-FiSH工法

技術・サービス 技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

災害損傷構造物の迅速復旧 TST-FiSH工法

概要

医療用ギブスなどに用いられている水硬性樹脂と連続繊維シートによるRC構造物の迅速復旧工法です。
地震等の自然災害により損傷を受けたRC構造物等に対し、水硬性樹脂が含浸された連続繊維シート(TST-FiSH)を巻付け後、散水するだけで 補修効果が得られる新しい安全・簡易・迅速な復旧工法です。
本工法は、東京理科大学、埼玉大学と共同で開発したものです。

自動巻きつけ装置

自動巻きつけ装置

拡大

工法概念図

工法概念図

拡大

適用対象

  • 被災を受けたRC構造物
  • 耐震性が低いRC構造物

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

  • 地震等の自然災害で損傷を受けたRC構造物を迅速に復旧したい
  • 余震による二次災害を懸念している
  • 限られた時間で耐震補強を行いたい

この技術に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5466-5008

メールフォームでのお問い合わせ

ピックアップコンテンツ