最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 技術・サービス > エコロジカル・コリドー簡易評価ツール CSET(Ecological Corridor Simple Evaluation Tool)

技術・サービス 技術・サービス

フリーキーワード検索 (技術名など)

エコロジカル・コリドー簡易評価ツール CSET(Ecological Corridor Simple Evaluation Tool)

概要

エコロジカル・コリドー簡易評価ツールは、都市部における生物多様性のポテンシャルを簡易評価するためのツールです。

HEP(ハビタット評価手続き)※1及びGIS(地理情報システム)を応用した、都市部におけるエコロジカル・コリドー(生態回廊)※2を評価するツールです。本ツールは、生物の棲みやすさのポテンシャルをスコアとして表すことが出来ます。広域を評価することが出来、生態系を考慮した緑地計画の策定に役立ちます。東京都市大学 環境学部 環境創生学科 ランドスケープ・エコシステムズ研究室 田中章教授の指導のもとに開発しました。

※1 HEP(ハビタット評価手続き):複雑な生態系を代表する野生生物のハビタット(生息環境)に置き換え、そのポテンシャルを定量的に評価する手法です。
※2 エコロジカル・コリドー(生態回廊):野生生物のハビタットの重要拠点間をつなぐ回廊(緑のネットワーク)のことです。

エコロジカル・コリドーイメージ図

エコロジカル・コリドーイメージ図

シジュウカラ評価結果(郊外に適用した事例)

シジュウカラ評価結果(郊外に適用した事例)

シジュウカラ評価結果(都市部に適用した事例)

シジュウカラ評価結果(都市部に適用した事例)

技術の内容

  • 樹林、草地、水辺などの簡易な土地利用条件から評価出来ます。
  • 周囲の環境を考慮し、鳥類・トンボ類・チョウ類の中から評価対象種を選定することが出来ます。
  • 複雑な生態系を定量的に評価する手法であるHEP(ハビタット評価手続き)を応用し、評価します。
  • 評価結果を色分けすることで緑地計画の効果を視覚的に確認できます。

適用対象

  • 都市部

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

  • 生物多様性への取り組みをアピールしたい。
  • 生物多様性に対する緑地計画の効果を確認したい。

この技術に関するお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

03-5466-5008

メールフォームでのお問い合わせ

ピックアップコンテンツ