持続可能な社会に向けたZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の取組み

東急建設は、「安心で快適な生活環境づくりを通じて、一人ひとりの夢を実現する」という理念のもと、お客さまをはじめとする全てのステークホルダーの皆さま、そして社会全体に貢献することを目指しています。 ZEBに対する本格的な取り組みとしては、技術研究所の既存建築物のZEB化改修において「ZEB Ready」を達成しました。今後、私たちは設計~施工~運用に渡る経験を十分に活かして、様々な建設地、建物用途、新築・改修を問わず、安心して次世代に引き継ぐことができるZEBの普及に努めていきます。

持続可能な社会に向けたZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)の取組み
ZEB改修後の建物外観
ZEB改修で採用した技術の概要
ZEB改修で採用した技術の概要

当社では、築25年経過した技術研究所(神奈川県相模原市)において、2016年から管理研究棟のZEB化に向けた改修に取り組んでいます。建築物省エネルギー性能表示(BELS)では、一次エネルギー消費量の削減率が60%となり、ZEB Readyの第三者認証を取得し、2018年度から本格的に運用を開始しました。
そして、ZEB化改修後の技術研究所は、『ゼロ・エネルギー・ビルのモデル建物』として広く公開しています。
改修後1年目となる2018年度のエネルギー消費の実績値は対基準値で76%削減となっており、この実績をもとに用途別や個々の要素技術ごとにエネルギー消費の実態を細かく精査しました。その結果、運用やシステムに関していくつかの改善項目を見出し、運用方法の見直しやシステムを修正しました。

省エネルギー効果の集計結果<br>(設計値と実績値)</>
省エネルギー効果の集計結果
(設計値と実績値)

このたび、改修後2年目が経過した2019年度の最新の実績値では、創エネルギーを加えたエネルギー消費量は前年度実績値を10%削減し、既存事務所ビルの改修事例として国内トップレベルである78%削減を実現しています。

技術研究所におけるZEB改修では、再生可能エネルギーを積極的に導入し、「太陽(光、熱)、地中熱、燃料電池」から得られる3つの熱源を有効的に組み合わせる『トリプルハイブリッド熱源』を採用し、実証を続けています。
また、蓄熱槽、デシカント外調機、放射空調など様々な要素技術を導入し、設計から施工、そして運用といった様々なフェーズに対応したノウハウを積み重ねています。
当社は、『ZEBプランナー』として省エネルギーと快適性のさらなる向上を通じて、お客様のニーズにお応えするとともに社会に貢献します。

  • 太陽集熱システムの採用
    太陽集熱システムの採用
  • 水素エネルギー供給システムの採用
    水素エネルギー供給システムの採用
  • 地中熱ボアホールの採用(工事中)
    地中熱ボアホールの採用(工事中)
  • 地中熱ボアホール(完成後、ヘッダー部)
    地中熱ボアホール(完成後、ヘッダー部)
  • 壁面に取り付けた太陽光発電パネル
    壁面に取り付けた太陽光発電パネル

適用先

  • オフィスビルなどの新築/改修案件
  • 学校、医療施設、ホテル等の非住宅系建物

実績

  • 東急建設 技術研究所 管理研究・音響実験棟 
    その他、ZEBには達していない省エネ建物の設計案件 :14件

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

  • テナント向けの賃貸オフィスビルを省エネ改修したい
  • 地球環境にやさしい建物で環境に対する会社の取組みをアピールしたい
  • 各種設備の更新時期が近づいているが、どこから手を付けたらいいかわからない
  • 建物自体が老朽化しており、建て替えを含めた計画を検討したい

本技術の詳細につきましては
建築事業本部 設備統括部 設備設計部
zebAtokyu-cnst.co.jp  (Aをアットマークに変更)
または下記のフォームよりお問い合わせください。

この技術に関するお問い合わせ