雨水流出抑制・雨水利用 アクアプラ工法

開発に伴う調整池、環境対策や災害対策としての雨水利用槽、地下水涵養のための一時貯留浸透施設など、雨水貯留槽を地下に構築する工法です。プラスチック製充填体(*)を用いるため短工期で施工でき、上部は駐車場などにも活用可能な強度を有します。
洪水防止のため、学校や公園などの既存公共施設、駐車場、高架橋下などで、地下貯留や地下浸透による流出抑制施設を設置する需要に対応します。また、大面積の工場屋根などからの雨水を貯留し利用したり、戸建住宅における雨水利用など大規模から小規模までの雨水有効利用に対応します。
(社)雨水貯留浸透技術協会技術評価認定取得
   国土技術開発賞受賞(2002)

雨水流出抑制・雨水利用 アクアプラ工法
  • 工法概要図
    工法概要図
  • アクアトラップ部材
    アクアトラップ部材

システムの適用

  • 宅地造成工事の雨水流出抑制施設
  • マンション工事等の雨水流出抑制施設
  • 鉄道高架下の雨水流出抑制施設
  • 雨水利用槽(防災用水、車両洗浄用水、散水用水他)

実績

  • 戸建宅地に設置した雨水流出抑制の例
    戸建宅地に設置した雨水流出抑制の例
  • 車両洗浄用水としての雨水利用施設の例
    車両洗浄用水としての雨水利用施設の例
  • 鉄道高架下の雨水流出抑制の例
    鉄道高架下の雨水流出抑制の例

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

  • 雨水流出施設を設ける必要があるが用地が少ない。
  • 工期がないため、早く施工をしたい。
  • コスト低減を行いたい。
  • 環境対策として当社独自のアピールをしたい。

この技術に関するお問い合わせ