補強盛土一体橋梁(GRS一体橋梁)

補強盛土一体橋梁とは、上・下部工を一体化させた橋梁であるインテグラル橋梁の背面土を補強土構造とし、ジオテキスタイルにより橋梁躯体と一体化させた橋梁です。 従来のインテグラル橋梁、補強土橋梁それぞれの欠点を補った構造となっています。

補強盛土一体橋梁(GRS一体橋梁)
補強盛土一体橋梁のイメージ

システムの適用

  • 鉄道橋
  • 道路橋

実績

三陸鉄道北リアス線小本・田野畑間災害復旧工事(松前川橋梁、コイコロベ沢橋梁、ハイペ沢橋梁)

このようなお悩みを持っている方に最適な技術です

橋梁の新設、再構築において、

  • 橋梁背面盛土の沈下が問題となる
  • 支承部の維持管理費がかかりすぎる

この技術に関するお問い合わせ