品質向上への取り組み

品質向上への取り組み

基本的な考え方

建設業ではインフラを利用されるユーザーもお客様です。また、地元の方々との間に信頼関係を築きながら施工を進めてもらいたいという発注者の意向に沿った活動を行うことも顧客重視の経営と考えています。当社では、これらを含めたユーザーニーズに適したソリューションを提供することにこだわりを持ち、協力会社と共に、当社ならではの技術力を磨き、品質の維持・向上に努めています。

品質方針

当社は、提供する製品(土木構造物・建築物)の品質を保証し、顧客満足の向上をめざすため、その設計、工事監理及び施工にあたり、以下を実施します。

1.リスクへの取り組み

製品の品質の保証及び顧客満足の向上に影響を与え得るリスクを見出し、その潜在的な影響の度合いを考慮し、川上からの対応を行います。

2.ニーズ・期待の理解

顧客のニーズ・期待、及び適用される規制要求事項を満たすために、これらを探究し、明確にし、理解・解決します。

3.品質目標の設定

当社の経営方針を支援し、製品の品質の保証及び顧客満足の向上のために効果的な品質目標を次の部門ごとに設定します。
・土木事業部門
・建築事業部門
管理支援部門は、上記の部門の目標達成を支援するための資源(人・情報通信技術等のインフラ・従業員の執務環境・ノウハウ等)の効果的運用に関する目標を設定します。

4.システムの運用・改善

品質マネジメントシステムを確立して運用し、継続的に改善します。

品質マネジメントシステム(QMS)と運用状況

1997年3月に東京支店の土木部門と建築部門がそれぞれ認証(ISO9001)を取得して以来、2000年10月までに全国の支店・本部ごとに認証を取得しました。2004年4月からは全社統合の品質マネジメントシステム(QMS)に完全移行し、同年9月に全社統合のQMSで登録。また、2005年からは環境マネジメントシステム(EMS)との複合審査も毎年実施されています。2017年10月(一部2018年2月)に第7回再認証審査およびISO9001:2015への移行審査を受審し、再認証および移行が承認されています。

土木事業本部、建築事業本部共に、品質マネジメントシステムに必要な以下のP-D-C-Aの活動を実施し、当社の品質マネジメントシステムを継続的に改善し、お客様に満足して頂ける製品やサービスを提供してまいります。

品質マネジメント教育

毎年定期的に、品質マネジメントシステム(QMS)内部監査員研修を実施し、資格取得を推奨しています。必須研修として適切な年次の技術員に受講させる研修プログラムとしており、さらなるスキルアップのため、内部監査員フォローアップ研修も実施しています。
そのほか、各部門・部署・作業所において品質マネジメントシステムに関する教育を、社員、雇員、さらには必要に応じて協力会社に対して実施しています。