最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 東急建設の人 > Vol.12小林 敬一(東日本支店 土木部 作業所長)

東急建設の人東急建設の人

東急建設の人
Vol.12 小林 敬一(東日本支店 土木部 作業所長)

20170607kobayashi01.jpg

Keiichi Kobayashi 小林 敬一

東日本支店 土木部 作業所長

未来志向を持った後進を育てたい

すべての経験を糧に業務に邁進

入社後、大阪支店に配属され最初に担当したのは、山口県でのトンネル工事。以降、ゴルフ場、鉄道、橋梁などさまざまな現場を経験するも、その後も度々トンネル工事に従事。現在も山形県で東北中央自動車道のトンネルを担当し、トンネル工事に強い縁を感じます。

これまでの工事で特に印象深いのは、岐阜県でのトンネル工事。完成までには数々の困難にも直面しましたが、発注者さまと良好な関係を築き、無事竣工したことに加え、技術面でも高い成果を挙げ、社内の発表会で金賞を受賞できたことも非常に良い思い出です。

もちろん、苦い経験もありました。その中で、コミュニケーション、特に早め早めにご説明・ご相談をさせていただくことの大切さを学びました。

チームワークの優れた職場づくりを目指す

時代の流れでしょうか、最近は失敗を許さない風潮があるように感じます。

しかし人間であれば、たとえば材料調達の遅れなどのミスを完全になくすことは難しい。むしろ重要なのは、失敗から学んで同じ過ちを二度と繰り返さないこと、あるいはミスに気づいてそれを正すことだと私は考えます。これは、私自身が失敗からたくさんのことを学んだからです。

今の現場は若いスタッフも多く、彼ら彼女らには未来志向で何事にも前向きに取り組んでもらいたい。それを後押しすることも所長の大事な役目であり、全員でフォローし合えるチームワークのある職場づくりに努めていきたいと考えています。

記事一覧

ピックアップコンテンツ