最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English Site

HOME > 東急建設の人 > Vol.2中林 拓真(首都圏土木支店 作業所長)

東急建設の人東急建設の人

東急建設の人
Vol.2 中林 拓真(首都圏土木支店 作業所長)

web用_DSC_0578.jpg

Takuma Nakabayashi 中林 拓真

首都圏土木支店 作業所長

厳しい仕事こそ、『笑顔』で乗り切る

メンバー一丸となって

現在、高速道路の拡幅に伴う高架橋基礎の改良および擁壁工事を担当しています。

都心部に集中する交通の分散とアクセス向上に資する本工事は、車線の拡幅によって、慢性的に発生する渋滞の緩和が期待されており、また、昨今、老朽化問題や効率的な活用が叫ばれている社会インフラの再生・改良の一例とも言えます。

都心部の工事とあって、狭隘な作業用地では、工程管理も大変複雑です。特殊な建設機械を用いるため、そのやりくりも簡単ではありません。当作業所のメンバーは、交代で夜間勤務をこなすなど、協力会社も含めた全員が一丸となって工事に取り組んでいます。

「楽しく」仕事に取組む

当社が担当する工事は、高速道路の高架橋の基礎部分の補強です。担当箇所が終わって、次の工程となる道路そのものの拡幅工事が始まると、施工した部分は地中に隠れてしまいます。
見えないところで首都圏の大動脈を支える「社会的意義の大きい仕事」ともいえますが、わたし自身は、敢えて重く受けとめることはせず、「楽しく」仕事に取り組むようにしています。日々気を抜けない仕事ではありますが、作業所メンバーにも同様に、「楽しむ」という姿勢で経験とスキルを高めていってほしいと考えています。

厳しい仕事こそ『笑顔』が大切です。

記事一覧

ピックアップコンテンツ