BIMの活用で
建築ビジネスに変革をもたらす

当社では、新たな価値の提供と業務プロセスの革新を目指し、BIM(Building Information Modeling)の積極展開を図っています。BIMは、コンピュータ上に現実と同じ建物の3次元モデルを再現し、設計・施工・維持管理までの建築ライフサイクル全体で蓄積された情報を活用することで、画期的なイノベーションをもたらします。当社ではBIMにより、自社の技術開発力や施工能力を高め、企業価値の向上につなげています。

最先端技術の設計支援で
デザイン性や品質を向上

img

BIM導入によって建築プロセスのすべての面で大きな変革がもたらされます。たとえば、設計初期段階では、デザインの試行錯誤が3次元モデル上で簡単に行えるようになり、デザイン性の向上や建築設計の品質向上が実現します。これまで、設計の段階では、2次元の図面を使って、関係者間でコミュニケーションが行われてきました。しかし、実際にどんな建物が建つのか、完成イメージが湧きにくいという欠点がありました。それを、3次元モデルを使ったコミュニケーションに置き換えることで、設計者の頭にあるイメージを早期に関係者間で共有することができます。事前のシミュレーションも簡単にでき、フロントローディングで事前の設計検討や早期の問題解決を図ることができるようになりました。

専門工事会社とのBIM連携で
大きな効果を発揮

img

設計段階で作成されたBIMの3次元モデルを引き継いで工事を行う施工段階においても、BIMが大きな力を発揮します。当社の事例の一つとして、専門工事会社である鉄骨Fabと設備サブコンとのBIMデータ連携があります。鉄骨Fabと設備サブコンが作成したBIMデータを当社が統合し、干渉チェックソフトでエラーを自動抽出すると同時に、そのデータをプロジェクトメンバーが即座に共有できる体制を構築しました。設計監理者・ゼネコン・鉄骨Fab・設備サブコン等、専門工事会社がBIMデータを全員で共有し、完成イメージを可視化。事前の合意形成が容易になり、品質の確保や作業の省力化、そして、スケジュールの前倒しやコスト削減を実現しました。

VR・MR・AR技術の連携で
建築の未来を変える

img

BIMは3次元モデルの中に多くの情報が格納されています。そこからは、図面や動画だけでなく、建物の情報、環境シミュレーションなどの必要な情報を抽出でき、あらゆる建築生産の過程で情報の共有・活用が可能になります。当社では、BIMにICTデバイスやモバイルデバイス(iPad)を連携させることで、拡張性・機動力の向上を目指しています。これらを活用し、VR (Virtual Reality: 仮想現実)、MR (Mixed Reality: 複合現実)、AR (Advanced Reality: 拡張現実)を実現。実際に建築が行われる以前に、建物や空間をその場で体験し、理解できるようになり、現場での施工性の確認なども容易になります。今まさに建築ビジネスに大きな変革がもたらされようとしているのです。

img

三瓶 亮

プロダクトデザイングループ

現場外勤・生産技術部を経てBIM推進部プロダクトデザイングループに所属。「生産性向上につながるBIM」を目標に“施工BIM” を中心とした取組を行っている。

img

畑瀬 紋子

プロダクトデザイングループ

意匠設計を経てBIM推進部プロダクトデザイングループに所属。 「デザイン性向上/品質向上につながるBIM」を目標に”設計BIM”を中心とした支援を行っている。

技術紹介トップ

RECRUIT

採用情報

  • 募集要項
  • 俺得エントリーシート採用