複雑な構造も
直感的に把握できるCIM

当社は2012年から土木分野において3次元モデルを活用するCIMの導入を進めてきました。2次元図面に慣れていた現場からは戸惑いの声もありましたが、若手よりもベテラン技術者が率先して社内講習会を開催するなどの取り組みに積極的だったことで、社内の空気も変わりました。新しいものは若手と考えがちですが、3次元モデルも結局は道具にすぎません。経験があるからこそ道具を使うアイデアも広がるのです。土木のCIMと建設のBIMを一体化した「UiM」もすでに始動しています。

「段取り八分」をICTで強力に支援する

img

CIMは、3次元モデルを活用する建築手法BIMの土木版です。国内では、CIMの全面活用に向けて基準を整備している途中であり、現在は各社とも模索しながら導入を進めている状況です。CIMの『M』には、 Modeling と Managementの2つがあり、重要なのはManagementだと考えています。ゼネコンにおけるマネジメントとは、日々、現場で行っている「QCDSE」(品質・コスト・工期・安全・環境)です。CIMを導入する効果はフロント・ローディングだといわれますが、それは昔から大工さんが口にしてきた「段取り八分」にほかなりません。早い段階で検討しておけば、後々の手間を省くことができます。

錯綜する配筋を可視化して検討

img

CIMの効果について、具体的な事例を基に説明します。中部地方で手がけた河川内橋脚工事は、2次元の図面で見ると一般的な橋脚のようですが、川の流れと道路の方向が斜めになっているため複雑な構造をとらなければならない。中に入っている鉄筋が交錯しているため、ところどころで干渉してしまう。そこでCIMの3Dモデルをつくって、当社の技術者と現場で施工をおこなう技能者とディスカッションを重ねました。可視化されるので意思疎通が図りやすく、アイデアも豊富に出てきます。最終的には構造的にも満足しながら施工性の良い配筋がつくれました。これによって施工で試行錯誤をせずにすみ、大幅な省力化に成功したのです。

東急建設だからこその
BIMとCIMの一体化

img

凍結工法を用いた下水道工事では、多数の地中地点のモニタリングを行う必要があり、そのデータを見やすくするためにCIMを導入しました。温度や変位に異常が生じた際、視覚的に把握できるので素早い判断ができます。また、渋谷の再開発では建築工事と土木工事が平行して行われますので、BIMとCIMを一体として考え「UiM(Urban Information Modeling/Management)」を推進しています。建築と土木では文化が違いますので、それを乗り越えたマニュアル作りから始めなければならず苦労も多いのですが、当社は元々東急電鉄沿線での工事において建築と土木が隣接することが多かったため、両分野の意思疎通がしやすい環境にありました。渋谷での成果を、今後は周辺へと拡大していきたいですね。

img

小島 文寛

ICT推進グループ

技術研究所や現場で経験を経て、現在はCIMの専任者として従事し、ICT全般の導入推進を図る。「ICTで現場力を強化し、楽しい現場をつくる」をビジョンとし、未来のシビルエンジニアの姿を求めつづけている。土木部門だけでなく、建築部門とも連携し、新たな価値創造に努める。

技術紹介トップ

RECRUIT

採用情報

  • 募集要項
  • 俺得エントリーシート採用