東急建設は「パートナーシップ構築宣言」を公表しました

お知らせ

東急建設株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:寺田光宏、以下当社)は、「パートナーシップ構築宣言」を公表しました。

当社の「VISION2030」では、気候変動問題などの社会課題解決とそれらを通じた経済価値の創出により企業価値向上を目指すこととしていますが、これらを推進するうえでサプライチェーンのパートナーとの関係は非常に重要です。

パートナーシップ構築宣言に基づき、サプライチェーン全体での共存共栄を目指し、下請取引の適正化に努めるだけでなく、建設業界が直面する「次世代の担い手確保」や「生産性向上」などの課題解決にともに取り組みます。

「パートナーシップ構築宣言」 (PDF)

■パートナーシップ構築宣言とは

経団連会長、日商会頭、連合会長及び関係大臣(内閣府、経産省、厚労省、農水省、国交省)をメンバーとする「未来を拓くパートナーシップ構築推進会議」において創設された仕組み。サプライチェーンにおける取引先や価値創造を図る事業者との連携・共存共栄を進めることで、新たなパートナーシップを構築することを、企業の代表者の名前で宣言するもの。 

web_partnership_logo.jpg