WHAT’S moc+

[モクタスとは]

Shinkaした
造建築事業部の旗印。

東急建設がビジョンに掲げる「深化・進化」は、私たちが「これまで培ってきた技術・ノウハウをさらに深化させ、お客様や社会に貢献し続ける姿」や「既成概念にとらわれずに自らを進化させ、新しい事業領域や地域展開に挑戦し続ける姿」を表したもので、これらを両立させることが「真価(真の価値)あるゼネコン」であり、目指すべき東急建設の姿です。 私たちが「真価(真の価値)あるゼネコン」となるために不断の努力を続け、社会に必要とされる企業となることで、お客様をはじめとする社会全体に貢献する。Shinkaという言葉には、そんなの想いを込めています。
旧住宅事業部を母体に、さまざまなShinkaの過程から生まれた木造建築事業部のシンボル。事業ブランドである「MOC+(モクタス)」には木造建築の第一人者として歩み続ける覚悟と美しい生活環境を創る先駆者になる決意が込められています。私たちは下記に掲げるモクタスブランド価値体系に則り、皆さまに快適な木造建築を提案いたします。

東急建設の企業理念・ビジョンを見る

[ブランドビジョン]

心地のよい都市を創る。

都市に、木の心地を足していく。
東急建設の中大規模木造建築「モクタス」は
木造建築技術で環境未来都市を創造します。

[ブランドミッション]

都市生活者が快適に思う
の心地を探求し続ける。

都市、生活者、そして木。
東急建設の中大規模木造建築「モクタス」は
三者のよりよい関係を探求します。

[ブランドポリシー]

探求とは口で語るはたやすくも
行動ありて年輪とならむ。

真価は行動によってのみ創造される。
東急建設の中大規模木造建築「モクタス」は
倦まず弛まず歩みを続けます。