株主・投資家の皆さまへ

稼ぐ力の再構築を一層推進し、
持続的な成長と企業価値向上に
取り組んでまいります。

代表取締役社長

寺田 光宏

投資家の皆さまへ

当社グループの2023年3月期は、国内建設事業の採算改善、資本効率を意識した保有不動産や政策保有株式の売却などにより業績は大幅に改善いたしました。

事業環境は、継続的な政府建設投資と、アフターコロナによる民間の投資意欲の高まりから、今後も一定の建設需要が見込まれる一方で、技能労働者の減少、原材料価格の高止まり、また2024年4月に建設業に適用される時間外労働の上限規制への対応など、事業の変革が求められております。

こうしたなか当社グループでは、2030年ビジョン達成に向け、10ヵ年の「長期経営計画”To zero, from zero.”」に2021年から取り組んでおります。本計画は、「脱炭素」「廃棄物ゼロ」「防災・減災」を3つの提供価値と定め、戦略の軸としています。理念・ビジョンへの共感醸成により従業員エンゲージメントを高め、人材とデジタル技術を競争優位の源泉に、持続的な成長と企業価値の向上を目指していくサステナビリティ戦略として位置付けています。

想定外の外部環境変化により、この2年間は当初計画を下回って推移しておりますが、現場力の強化、すなわちQCDSEおよび営業力の総点検と稼ぐ力の再構築を、より一層推進し、成長軌道への回復を目指してまいります。

企業理念である「安心で快適な生活環境づくりを通じて一人ひとりの夢を実現する」ことで、社会的価値と経済的価値を両立し、持続的な成長と企業価値向上に引き続き取り組んでまいります。

今後とも、皆さま方のより一層のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長

寺田 光宏

2023年6月