最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > CSR > 東急建設のCSR

東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは

東急建設のCSR

CSR基本方針

ISO26000における7つの中核主題とCSR重点テーマ

当社は、ISO26000における7つの中核主題に基づき、CSR重点テーマを、「ステークホルダーへの配慮」、「経営の健全性に関する取組み」、「安全衛生に関する取組み」、「働きがいのある組織づくり」、「環境への配慮」、「品質向上に関する取組み」、「地域・社会との積極的な関わり」と定め、CSR活動に注力しています。

7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ 7つの中核主題とCSR重点テーマ

主な取組み

重点テーマ別の主な取組みについて紹介しています。

ステークホルダーへの配慮

ステークホルダーとの対話・協働 など

経営の健全性に関する取組み

健全な利益の確保、コーポレートガバナンス、コンプライアンス、リスクマネジメント など

安全衛生に関する取組み

工事における安全衛生活動、「快適職場」の実現 など

働きがいのある組織づくり

雇用環境の充実、従業員・技能職の育成、社会保険の加入促進 など

環境への配慮

工事における環境保全、環境配慮設計の推進、環境技術の開発 など

品質向上に関する取組み

施工品質の向上、建設技術(テクノロジー)の開発、施工技術・スキルの伝承と向上 など

地域・社会との積極的な関わり

社会貢献活動の推進、建設業に関する興味と理解促進、施工現場における地域社会との交流 など

活動報告

具体的行動に関するPDCAのプロセスを回すことでレベルアップをはかるとともに、その一環としてモニタリングを行い、結果は報告書やウェブサイト等で報告しています。

取り組み体制

社内組織として「CSR委員会」を設置し、関連部署との協働によりCSR活動のモニタリングを行うとともに、各取り組みの推進を図っています。

モニタリングの重点項目と総括

ピックアップコンテンツ