最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > CSR > 女性活躍推進法に基づく行動計画

東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは

女性活躍推進法に基づく行動計画

当社は、ダイバーシティの推進を重要な経営戦略の一つと位置付け、多様な人材が活躍できる組織をめざし、取り組んでまいります。特に、人材確保が厳しい現状を踏まえ、女性が活躍できる組織づくりのために、次のように行動計画を策定してまいります。

計画期間
2016年4月1日から2020年3月31日までの4年間
当社の課題
 

(1)意欲のある女性総合職の採用は成功しているが、女性の割合が少ない。
          ⇒より多くの女性総合職候補者を集め、採用していく必要がある。
(2)採用した意欲ある女性が、キャリアアップ志向を維持継続できる仕組みがない。
          ⇒女性がキャリア志向を維持したまま、定着する仕組みが必要。

目標と取組内容・実施時期

【目標1】
2020 年3月31日までに女性総合職の採用比率を2倍以上とする(現10.6%→21.2%)

<取組内容>

  •  2016年3月~ 採用ホームページの更新
  •  2016年11月~ 採用基準見直し検討会を行う
  •  2016年12月~ 目標値に対する達成率の確認を行い、計画を再考する
  •  2017年3月~ 2018年度採用開始
  •  2017年5月以降 上記PDCAサイクルをチェックし、目標達成を目指す

【目標2】
女性管理職候補(総合職L職)の数を2020年までに倍増する(外勤2名→4名/内勤9名→18名)

<取組内容>

  •  2016年3月~ 女性活躍推進セミナーの実施/トップメッセージの発信
  •  2016年5月~ 半年間の女性リーダー育成プログラム開始(男性上司+女性部下(外勤)対象10組)
  •  2016年6月~ 女性総合職キャリア研修の実施
  •  2017年5月~ 半年間の女性リーダー育成プログラム開始 (内勤にも対象を拡大)
  •  2017年5月~ 2016年度実施の女性リーダー育成プログラムフォローアップ研修
  •  2017年6月以降 上記PDCAサイクルをチェックし、目標達成を目指す

以上

ピックアップコンテンツ