最新情報

お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > CSR > 東急建設株式会社 行動計画(第4回)

東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは

東急建設株式会社 行動計画(第4回)

従業員及び雇員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境を整備することによって、その能力を充分に発揮できるようにする為、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間
2016年4月1から2020年3月31日
2.内  容
 

【目標1】
妊娠中や出産後の女性労働者の健康確保について、労働者に対する制度の周知や情報提供及び相談体制を整備する。

<対策>
・2016年 4月~   情報提供および相談体制についての検討開始
・2017年 4月~   新しい情報提供および相談体制の運用開始

<詳細>
・人事部ポータルサイト(全従業員・雇員閲覧可)を改定し、育児制度全般を紹介するページを充実させる。
・産前産後、または将来的に出産を考えている労働者を対象としたセミナーを開催し、情報を提供する。
・従業員・雇員の相談・問い合わせを受ける窓口を設置し、情報の提供・収集の場とする。

【目標2】
仕事と育児・介護の両立等についての情報提供の体制を確立し、両立支援制度全般の周知について一層の充実を図る。

<対策>
・2016年 10月~   情報提供体制の検討開始
・2017年 10月~   情報提供の運用開始

<詳細>
・人事部ポータルサイト(全従業員・雇員閲覧可)を改定し、育児・介護と仕事の両立支援制度全般を紹介するページを充実させる。制度の有効利用を図るとともに、従業員・雇員の相談・問い合わせを受ける窓口とし、情報の提供・収集の場とする。

【目標3】
全従業員・雇員の所定外労働時間削減を目指し、具体的な施策を検討・実施する。

<対策>
・2016年 5月~   管理職を対象とするタイムマネジメント研修の実施
・2016年 6月~   新勤怠管理システムの運用開始
・2017年 4月~   社内報・イントラによる従業員・雇員への情報提供

<詳細>
・所定外労働削減に向けて、管理者向けタイムマネジメント研修および従業員・雇員への情報提供を継続的に行い、タイムマネジメントについての意識高揚を図る。
・現行の勤怠管理システムについての改善要求を把握し、従業員および管理者がそれぞれの立場で利用しやすい勤怠管理システムを再構築し、運用を開始する。

【目標4】
子どもが保護者の職場を見学することができる「子ども参観日」を継続的に実施する。

<対策>
・2016年 6月~   企画開始
・2016年 8月~   参加者の募集・子ども参観日の実施

<詳細>
・従業員の子どもたちに親が働いている会社の姿を知ってもらう機会を作ることで、親子のコミュニケーションを深め、同時にワークライフバランス意識の職場への浸透を促すことを目的として実施する。
・年1~2回定期的に実施し、保護者とともに職場や作業所(工事現場)の見学をしてもらう。

ピックアップコンテンツ