お問い合わせ

アクセスマップ

サイトマップ

English site

HOME > CSR > 健康経営に関する取組み

東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは東急建設のCSR(Corporate Social Responsibility)とは

健康経営に関する取組み

健康宣言

当社はこれまで、従業員及びご家族の健康を重視し、健康増進に関する取組みや働き方改革を推進してまいりました。従業員一人ひとりの夢を実現できる組織でありたいという思いから、これらの取組みをなお一層強化するために、健康経営宣言を制定し、健康経営を推進してまいります。

東急建設株式会社 健康経営宣言

私たちは経営理念において、「人」すなわち従業員を最も重要な経営資源と位置づけています。従業員の夢の実現を後押しする組織でありたいと思っています。

われわれがめざしている、2026年のありたい姿「活力ある風土のもとで真価を発揮する環境変化に負けない企業グループ」の実現には、従業員の健康が基盤と考えています。

私たちは従業員また従業員を支える家族の健康に投資するという考えのもと、健康経営に取り組むことをここに宣言いたします。

健康経営推進体制

健康経営の推進に向け、健康管理最高責任者を選任しました。人事部を中心に、産業医・保健師と連携し、健康増進に向けた取組みを推進してまいります。また、健康経営推進に欠かせない従業員のワークライフバランスの向上に関する取組みは働き方改革推進部とも連携を密にとることにより、より効果的な推進体制としました。

健康施策の取組み

従業員とご家族の健康増進に向けて以下の項目を重点的に取り組んでまいります。

(1)健康診断の充実
従業員およびそのご家族の健康保持・増進には、健康状態の把握と疾患の早期発見・治療が重要との考えのもと、健康診断の充実に取り組みます。

(2)がん予防の推進
がん予防は早期発見が重要という考えのもと、がん対策の推進に取り組みます。

(3)喫煙対策の強化
喫煙による健康への影響を低減させるために、喫煙環境の改善(ハード面)および禁煙を希望する従業員の支援(ソフト面)を行います。

(4)メンタルヘルスケアの推進
メンタルヘルス不調の予防と早期発見を強化するための対策に取り組みます。

(5)従業員の健康意識の向上に向けた取組み
健康に対する意識を高める取り組みを行います。 

ピックアップコンテンツ