competition 01

佳作入選

福岡国際建築コンペティション

momochi playpark

福岡に子どもの学び場を継承していく、ももち。
アソビバをつくり、まちとひとをつなぐ、おおらかなスラブ。

m e m b e r s

  • 松本 壮左の写真

    松本 壮左

    2017年入社

  • 三上 陽平の写真

    三上 陽平

    2018年入社

  • 小川 理玖の写真

    小川 理玖

    2018年入社

  • 田頭 佑子の写真

    田頭 佑子

    2018年入社

  • 勝 孝の写真

    勝 孝

    2018年入社

テーマ
職住近接
「働く」「暮らす」の新たな価値:シーサイドももちの未来
敷地
  • 所在地福岡市早良区百道浜1丁目3番70号
  • 敷地面積18,207.59m2
  • 建蔽率80%
  • 容積率200%(36,415.18m2)
  • 用途地域第二種住居地域
開催年
2020年
概要
「働く場所」+「暮らす場所」+「シーサイドももちにふさわしい付加価値」の3点が、それぞれ影響し合い、互いに価値を高めることで生まれる未来の「シーサイドももち」を提案していくコンペディション。

※ウィルス感染症への対策を徹底し、撮影・取材を行っております。

w o r k s

  • 01

    flow

    01

    チーム発足

    近しい年代の社員同士によるアイディアコンペ。
    先輩後輩問わず、グループを横断する形でチームを組んで話し合いを進めていきます。

    松本の写真

    松本

    若手同士で勢いのあるチームだなと思っていました。
    意見の交換も活発で、各自の得手不得手を補い合いながら、議論を深めることができました。

  • 02

    flow

    02

    現地敷地調査

    コンペの題材となる敷地周辺を訪問し、現地の街並みや環境についての調査をします。

    三上の写真

    三上

    自転車をレンタルし、現地調査に向かいました。
    サイクリング自体も楽しかったですし、周辺地域も併せて確認することで、提案に対する現実味がより増したように思います。

  • 03

    flow

    03

    模型作成

    チームメンバー全員で、提案用の模型を作成します。
    大規模な模型を作成する際は、協力事務所とも連携しながら進めていきます。

    小川の写真

    小川

    普段、自分自身で模型を作成する機会は少ないのですが、提案に沿った模型表現となるように試行錯誤しながら模型づくりに励みました。

  • 04

    flow

    04

    プレゼンボードまで作成

    建物のイメージを、1枚の紙にまとめ上げます。
    今回の敷地は10,000㎡オーバーと広く、どの提案で進めるか、案をまとめることが課題になりました。

    田頭の写真

    田頭

    自分たちで提案からプレゼンボード、模型作りまで行い、納得のいくものができました。若手同士で、率直に意見をぶつけ合う機会を頂き、本当に良い経験になりました。

  • 05

    flow

    05

    発表

    審査員に対してコロナ禍ということもあり、オンライン上でプレゼンに挑みました。

    勝の写真

    みんなで同じ服(提案コンセプトを考慮した服)を着て、最終プレゼンに臨みました。楽しさもありましたが、「これで約半年間のアイデアコンペが終わるのか」としみじみ感じました。

p r o d u c t

コンペを通じて得た、
確かな自信

明るく活発な福岡コンペチーム。海辺の土地だから、という理由で発表時におそろいの青いニットを着るなど個性が光りますが、特筆すべきはその団結力にありました。
コンセプトの立案に始まり、意見交換や進捗管理、成果物の作成に至るまで、互いが協力し合いながらプロジェクトを進めた当チーム。約半年間のコンペを終えたメンバーからは、努力に見合った結果や視野、知見を得ることができたとの声が上がっています。

得るものは人それぞれですが、それが自身やチーム全体の努力によるものである、という意識は共通のようです。

competition 02

2021年度
日本建築学会技術部設計競技

A×C - akiya×City/Community/Container

新時代のレジリエンス都市とは、
住民が住み続けたい街であると考える。

m e m b e r s

  • 勝野 真弓の写真

    勝野 真弓

    建築設計部

    2019年入社

  • 木島 奈津美の写真

    木島 奈津美

    建築設計部

    2019年入社

  • 沖野 正司の写真

    沖野 正司

    建築設計部

    2009年入社

  • 田中 祐太郎の写真

    田中 祐太郎

    構造設計部

    2016年入社

  • 立川 義隆の写真

    立川 義隆

    設備設計部

    2018年入社

  • 原田 翔平の写真

    原田 翔平

    設備設計部

    2015年入社

  • 高橋 泰斗の写真

    高橋 泰斗

    設備設計部

    2019年入社

テーマ
新時代のレジリエント建築・都市
敷地
  • 1.災害に対するBCPの観点から建物の機能維持・回復(レジリエンス)性能の向上に対する創造的な建築の提案。
  • 2.敷地面積災害には地震・台風、豪雨による水害・土砂災害などの自然災害のほか、停電やテロ、新型コロナウイルス感染症の流行なども含む。また、災害時や災害後だけではなく、未然に災害を防ぐような提案も可とする。
  • 3.提案は建築とその周辺の都市空間を含んだ提案も可とする。また構造・環境設備・情報など多様な分野からの提案を求める。
  • 4.建物の規模、施設の配置や構成は提案者の想定による。新築の提案、既存の建物の改修いずれの想定も可とする。
開催年
2020年
概要
レジリエンスとは「厳しい環境変化を乗り越えるしなやかな力」である。幾重にも重なり合うリスクや危機と向き合いながら、持続可能な社会を実現していくために求められる新時代のレジリエント建築・都市の提案する。

※ウィルス感染症への対策を徹底し、撮影・取材を行っております。

w o r k s

  • 01

    flow

    01

    プロジェクト発足

    コロナ禍で発足したプロジェクト。オンライン上でのすり合わせを元に、コミュニケーションを取り合います。

    高橋の写真

    高橋

    意匠、構造、設備、技術研究所の4部署に所属する若手メンバーが集まりました。コンペ初参加の方がほとんどでしたが、気にかかる部分は納得いくまで議論できる空気感でした。

  • 02

    flow

    02

    課題にチームとしての
    意見を反映

    意見を出しやすく、和やかな雰囲気を持ったコンペチーム。だからこそ、気にかかる部分は納得できるまでとことん議論を重ねました。

    立川の写真

    立川

    積極的に意見交換ができるチームで取り組む中で、設備設計部として綿密な打合せを積み重ね、チーム全体の意見を反映させることを意識しました。

  • 03

    flow

    03

    難航したコンセプト固め

    プレゼンに向けたコンセプト決めを実施。さまざまな部門の人間が参加しているからこそ、多角的な意見が集まります。

    原田の写真

    原田

    チームとして全体の意見を尊重しつつ、道がそれてしまわないよう設備関連についての提案、助言をすることを意識し、結論が出るまでとことん協議を重ねました。

  • 04

    flow

    04

    イメージ通りの
    成果物を作成

    コンペの集大成としてプレゼンシートなどの成果物を作成。結論が出るまで話し合い納得するまで作り上げます。

    田中の写真

    田中

    プレゼンシート作成時にteamsを繋いで長い時間話し合いながら進めたことが印象的でした。限られた時間の中で、iPadを使用してPDF化したメモを共有しました。

p r o d u c t

与えられた課題の
解釈・応え方

和やかであり、かつ意見の交換や議論のしやすさの高さが特徴的な当チーム。4部署からメンバーが集まったこともあり、多種多様な考え方の元、さまざまな意見が飛び交うことが通例となっていました。
そのたびに結論が出るまで話し合い、課題への向き合い方や応え方を振り返りながら準備を進めていきました。

また、そういったプロジェクト進行の方法はもちろん、通常業務とは違った課題や意見に対峙することで、新しい知識や考え方も得られたと言います。