「建てるを超え、 未来を生みだす。

Building the future on new
foundations.

わたしたちは、SDGsの先の未来を見据え、
新たな価値を生み出すことへ挑戦いたします。

value proposition

BIMへの取り組み

東急建設ではBIM(Building Information Modeling)による設計や設計監理など、先端技術を活用した設計業務を進めています。BIMによる3Dモデルの使用はプレゼンテーションや会議等だけではなく、設計スタディや工事段階での事前チェックにも使用しています。

環境にやさしい東急

東急グループでは、環境への取り組みとして「WE DO ECO」というプロジェクトに取組んでいます。我々も東急グループの一員として、環境に配慮した建物の設計に取組んでいます。実験や解析によって得られたデータに基づき設計を行うことで、環境負荷の少ない建物の実現に取組んでいます。弊社のVISION2030に掲げるカーボン「ゼロ」、廃棄物「ゼロ」を設計の視点から目指しています。

s e r v i c e

  • 調査・企画

  • 基本計画・基本設計

  • 実施設計

  • 工事監理

  • 竣工

01

01調査・企画

設計に取り掛かる前段階で必要な、敷地・自然環境条件、法規制などの調査を行い、様々なニーズと事業性を考慮した建築計画を企画立案いたします。

持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた環境配慮が求められ、新たにつくる建物だけでなく、既存ストックの活用も積極的に考えていく必要があります。

当社では、建物の改修計画の立案にあたり、クライアントのニーズに合わせ、既存建物の調査を行います。劣化状況や耐震性に関する調査を行い、その結果に基づくレポートを作成・報告いたします。

content

  • 建築の企画立案
  • 建築の改修計画立案
  • 耐震診断
  • 設備診断
  • 敷地測量・地盤調査
02

02設計・監理

DXの時代、建物に求められる用途や機能は多様化、複雑化し、さらに生産プロセスの迅速化が求められています。その中でも、今までのようにひとつひとつお客様に寄り添うことを大切にしています。

各々の建築プロジェクトは、敷地や周辺環境、法規制など条件が同じことはないため、正確な調査を実施し、その上でお客様との打合を重ねご要望を反映した設計を行います。
設計から監理にわたり、様々なニーズにお答えするため、最新のデジタル技術を活用し、生産プロセスの効率化、蓄積した情報の活用を通して、お客様の満足につながるように取り組みます。

content

  • 意匠設計
  • 構造設計
  • 設備設計
  • 工事監理
03

03環境デザイン

環境配慮に対する意識が高まっている昨今、建築においても環境への配慮は必然となっています。
当社では①脱炭素、②廃棄物ゼロ、③防災・減災を3つの提供価値と捉え、ZEBやZEH-M、木造化・木質化を主軸に、お客様のご要望に合わせ、建築計画における環境配慮についてご提案いたします。

当社は『zebプランナー』、『zehデベロッパー』に登録しており、導入検討の提案から申請業務のお手伝いまで、トータルでサポートできる体制を整えています。
また、当社では木造・木質建築ブランド『モクタス』を立上げ、モクタスブランドの価値体系に則り、お客様に快適な⽊造化・⽊質化建築物をご提案いたします。

content

  • zeb
  • zeh-M
  • 木造化・木質化
  • 省エネ提案
  • 各種シミュレーション
  • 各種認証取得支援
  • 各種補助金申請支援
04

04デジタルデザイン

DXの時代、より高度に複雑化していく建築プロジェクトに対して、高い品質の確保と生産プロセスの効率化が求められます。

当社では、BIMを導入し、2017年より本格的にBIMを活用した設計業務に着手しました。2021年にデジタルデザイン部を発足させ、BIMを推進しています。BIMを中心としてデジタルプラットフォームを構築し、最新のデジタル技術を活用して、BIMを活用した確実な合意形成により、お客様の満足度向上につなげるべく取り組んでいます。

content

  • BIM(Building Information Modeling)
  • ビジュアライズ
  • 各種シミュレーション